MENU

クレンジングに含まれる主な成分

肌に直接使うもの、しかも塗りこむように使うものだからこそその成分を把握していなくてはならないのがクレンジングでしょう。

 

毛穴の奥にまで入り込んでいるメイクをしっかりと落としてくれるクレンジングは、つまりはその毛穴まで浸透するということです。

 

肌質は人によって違い、乾燥肌、敏感肌、脂性肌、混合肌、千差万別です。自分の肌に安全なものを選ばなくてはなりません。

 

クレンジングの主な成分は油です。この油がメイクとなじむことで溶かすという役割をしています。油といってもさまざまあり、石油系の化学物質が配合されているものも少なくはありません。

 

無添加や自然派といった言葉で表わされているクレンジングも多くありますが、この詳細は実は不明です。しっかりと自分の目で成分を確認しなくてはいけません。

 

これがどういったことなのかご説明しましょう。コスメに関しての基準は厚生労働省で定められていますが、無添加や自然派といったことに関しての細かな規定はありません。そのため、少しでも植物成分が配合されていればそれは自然派化粧品と言ってもいいわけです。

 

無添加というのも同様です。アレルギーを起こす可能性のある成分が含まれていない、ということを無添加と表現している場合も往々にしてあるのです。

 

肌には日々負担がかかっています。それはメイクだけではなく、紫外線やもしくはほこり、汗、そんなものまで常に守られていない顔の肌は受けているのです。

 

その肌に対して使用するものでもあるクレンジングは成分を確認するだけではなく、実際にその製品を販売もしくは生産している会社のホームページなどを見てどのような姿勢で取り組んでいるのか、そこまで見ることも無駄ではないのです。