MENU

美白洗顔とは

肌に透明感があるということは若さと美しさの現れです。そのため美白に力を入れている方も多いでしょう。

 

 

美白を保つためには紫外線から肌を守ったり、刺激から肌を守ったりといういろいろな方法がありますが、洗顔からも美白の効果が期待できるものです。洗顔という1つのアクションで美白の効果も十分に上がるのです。

 

まずは美白ということについて考えてみましょう。総称してシミやくすみがないことが白く透明感ある肌を作り上げる美白と言われています。そのシミの原因となるもので最も大きなものは年齢です。

 

年齢を重ねることで代謝機能が低下します。そのために紫外線が強敵となり、メラノサイト細胞が活性化して日焼けということになるのですが代謝機能の低下により色素が元に戻りづらくなるのです。これがシミとなるのです。

 

美白に高い効果を発揮する基礎化粧品は多くあります。しかし洗顔でしっかりと肌をリセットしてからでないと当然その基礎化粧品の効果は期待できません。浸透が悪くなるからです。

 

それではどのような洗顔料がよいのか、ということを見てきましょう。まず美白効果のある基礎化粧品を浸透させるということが目的であるということが前提です。

 

・皮脂の汚れ、黒ずみ、毛穴の汚れをしっかりと取り去るもの
・古い角質を落としながら肌にやさしいものであること
・肌に刺激の少ないもの

 

これが重要です。汚れや古い角質を落とすことは後に使用する基礎化粧品の効果を上げることは確かです。そして洗顔ですでに刺激になっているようでは、そのあとに使用する基礎化粧品が肌に対して余計な負担となり肌荒れの原因となってしまうのです。